読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦は近くて遠い他人

結婚3年目アラサー嫁。口には出さないけれど心の中では思っているアレコレを綴ります。

30代後半で転職をした旦那の本音がわからない。

半年間、それなりに大変な思いをして転職した。

こういっちゃなんだけど。

書類選考の書類を作成するために、志望動機だの何だのを考えたのは私。

手書きではなくて良い職務経歴書を作ったのも私。

旦那だけの努力の結果だけではないことは、先にご承知置きいただきたい。

 

んで。

面接時に言われた『有給休暇もあるし残業代も払うし休日出勤手当も払うし、うちの会社は全部法通りですよ〜』って言葉を鵜呑みにして、ウハウハで乗り換えたわけだが。

この半年間、祝日は全て出勤したが賃金が支払われたのはたったの2日間だけ。

残業代は24時間分が固定残業代として支払われてるだけで、40時間前後サービス残業をしている。

それから半年目に平日2日間かけて行われた勉強会の日は欠勤扱いだった。

それに加えて、今までがアットホームでユルユルな会社にしか勤めたことがないうちの旦那は、アットホームさのない会社らしい会社の雰囲気に参ってしまっている様子。

更に『半年経ったから来月から有給休暇がつくよ』と言われてさっそく2日間休んだら有給休暇扱いになっておらず、確認をしたら『君は8月に入社したから2月1日から有給休暇がつくんだよね。うちの会社は4月が年度の切り替えだから、残りの2・3・4の3ヶ月あたりの計算をすると有給休暇は0.5日くらいしかないんだよ。』という意味のわからない返答があったと…。

まぁ確かにそれは意味がわからない(笑)

私、労基法を扱う仕事をしていたので、それのどこが法通りなのか全くのナゾ。

 

とにもかくにも、まとめると旦那はだいたいそんな感じのことが不満だという。

確かに私も納得いってない。

ただ、そこに行って頑張って働いてるのもそこに行ってイヤな思いをしてるのも私じゃないから言葉には出さないけれど。

 

旦那の話を聞いていると『だからこの会社は傾いてく気がする』とかとにかくこの会社はダメだから良い会社があれば転職だと言うので、『そうか、また大変な思いをしてでも転職を考えるほどダメなんだなと』とコッチは受け止めてしまう。

だから叔父の知り合いの会社が求人を出しているというので旦那に話してみたら、気が乗らないを連発した挙句『俺はまだ転職する気になってない』という。

叔父と私はAB型なせいか少々イラッとしてしまった。

だって、アンタがこの会社もうダメだから転職しかないと言ったじゃないかと。

叔父が『意味がわからないからハローワークの求人でも見て勝手に探して貰えばいいわな。』と見捨てたのをみて、私は嫁という立場で自分の子供たちの生活がかかっているから止むを得ず見捨てられないだけで、決してよくはない気分なのは同じだった。

 

その翌日にふと、ある考えが頭をよぎった。

彼は本当に転職がしたくてあんなことを言っていたわけではなくて、愚痴を聞いて欲しかっただけだったのではないかと。

『合わないなら無理をしないで辞めてもいいよ』という言葉をかけられただけで頑張れるパターンのやつだったんじゃないかと。

 

で、結局どうしかというと、放っておいた。

なぜ私が焦るかというと、それは旦那が大黒柱だからであって、私自身が経済的に自立をしていないからだ。

私自身が経済的に自立をしていたら、意外と寛大な言葉を吐けたかもしれない。

だって、いざとなったらさっさと見切りをつけて離婚すれば良いのだから。

だけど経済的に自立をしていない時点で、さっさと見切りをつけられない。

 

ってことは。

私は根本的な間違いをしていたのだ。

責めるべきは旦那ではなく、自立をしていない自分。

 

結局、彼の人生であり、決めるのも頑張るのも頑張らないのも彼自身。

私は彼の選択したことにそえるかそえないかだけのこと。

もしそえない日がきた時のために、早く自立しなければいけないと思った今日この頃。